電卓

競売になる前の決断が重要【任意売却に関する知識を得ましょう】

住宅ローン滞納を解決

家

まずは知ることが重要です

任意売却をご存知でしょうか。もし現在住宅ローンの返済に困っている場合には、是非とも任意売却のことを把握するようにしましょう。多くのメリットがある任意売却は、住宅ローンが返済できずに困難に陥っている今の生活を救う力があります。自宅を一般市場で売却し、売却代金で住宅ローンを返済する任意売却には、主に5つのメリットがあります。何もしなければ5つのデメリットしかない競売手続きとなってしまうため、まずは任意売却のメリットを把握することが重要です。任意売却のメリットの1つ目が、より多くの住宅ローンを返済できることです。競売になると、一般市場よりも7〜8割ほどの価格でしか自宅を売却できません。そのため、住宅ローンの返済額が少なくなるため、多くの債務が残ってしまう恐れがあります。一方任意売却は一般市場で売却するため、競売より多くの住宅ローンを返済可能です。

スムーズな新生活スタート

任意売却の2つ目のメリットが、残債務の返済方法です。競売では、残債務は一括返済をしなければなりません。金融機関と交渉することは不可能であるため、返済できなければ自己破産となってしまいます。それに対し任意売却は、金融機関と残債務の返済方法を相談することができます。3つ目のメリットが、引越し時期を相談できることです。強制的に退去を求められる競売とは大きく異なるため、新生活に向けて準備をすることが可能です。4つ目のメリットが、近所に住宅ローン滞納を知られないことです。競売物件は、新聞やチラシ、インターネットに掲載されます。そのため、近所に住宅ローン滞納を知られることになるため、精神的負担が大きくなってしまいます。5つ目のメリットが、引越し費用を自宅の売却代金から用意することができることです。競売では、退去費用は一切支払われません。そのため、資金に余裕がない場合でも、自分で引越し費用を捻出しなければなりません。任意売却では相談により引越し費用を残すことができるため、スムーズに新生活を始めることが可能です。